2017年07月29日

ミッドナイトラントレ日記330 「油蝉」

ジリジリジリジリ。
油で揚げているようなその声と、油で揚げたようなその姿。
ああ、暑苦しい。
でもそれは、誰かが作ったイメージなわけで。
僕らはその先入見にとらわれている。
もしそのイメージが、ぎらぎらしたものでなかったら。
彼らを見る眼もきっと違うんだろうなあと、
アパートの階段にひっくり返っている死骸を、しげしげと見る。

雨の合間で、蒸し暑さMAX。
とめどなく湧き出す汗が走る意欲を押し流し、1歩1歩がつらい。
7月の走行距離、なんとか100kmを確保。

11.042km
5分31秒/km
1時間1分3秒
739kcal
posted by Dandelion at 07:08| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

ミッドナイトラントレ日記329 「一線」

鳥が鳴き、ヒグラシが鳴き、ミンミンゼミも鳴いて、善光寺の本堂はもう開いており、おおよそ1分間に3人ほどの頻度で参拝者がやって来る。4時半はもう朝の世界。すいません、一線を越えて来ました。夜の世界の住人は肩身が狭いのであった。

女から謝ってどうする。国会議員は謝るのが仕事、っていう態度、ほんとにカッコ悪い。好きなんだろ? だったら自分の気持ちを偽らず、堂々と主張しろって。

10.630km
5分21秒/km
56分55秒
713kcal
posted by Dandelion at 06:35| 長野 🌁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ミッドナイトラントレ日記328 「親子」

あらたまった写真を撮られる機会があり、ポーズを変えるたびに、カメラマンに「顎を引いて」と注意された。ちょうどいいという角度は、自分ではほとんど下を向いていると思えるぐらいで、なんだか不自然な感じがしたが、自分の中にある「自然」の基準がずれているということなのだろうから、仕方がない。

そういえば、と思い出されたのは、父親のスナップ写真。笑顔なのはいいが、顎を前に出しているがゆえに首をすくめたようになり、どことなく間の抜けたような印象を受ける。あらためて近年の数枚を見てみたが、基本的にはどれも同じ姿勢であった。自分もカメラの前に立つとあんな感じになっている、ということなのだろうか。

今夜は雨。父の写真を思い浮かべながら、顎を引くことを意識して走る。

8.052km
5分30秒/km
44分19秒
547kcal



posted by Dandelion at 07:03| 長野 🌁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ミッドナイトラントレ日記327 「青木」

MLBヒューストン・アストロズの外野手、青木宣親の出番がなかなかない。アメリカンリーグ西部地区で2位に15.5ゲーム差をつけて独走するチーム。スプリンガーとかアルトゥーべとか、足が速くて出塁率が高い1、2番が埋まっているから、そうしてもサブ的な役割になるのは仕方ないにしても、青木ほどの技量がある選手が不調でもないのに試合に出られないのは、いかにももったいない気がする。誰にも真似できないユニークさというか、自分だけの「売り」をどんどんアピールしていかないと、埋もれてしまうということか。自由と平等の国で生きていくこと、ましてや成功を収めるというのは、相当に難しいことのように思える。

自分の中に野心はあるか。自分の「売り」とは何か。生ぬるい風に吹かれながら、考えた。

9.525km
5分30秒/km
52分28秒
651kcal
posted by Dandelion at 08:21| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

ミッドナイトラントレ日記326 「多様」

ロンドンで開催中の世界パラ陸上。NHKで連日放送しているダイジェスト版をついつい見てしまう。いろんな障害ごとにいろんな競技があって、いろんな国からいろんな年代の選手が出ている。選手の体型もさまざま。女子200メートル(T47)のデジャ・ヤング選手(米国)なんてのは、いわゆるぽっちゃり型だけども、12秒40で走って金メダルを取った。その世界ではかなりのスター選手であることを知った。車いすのトラック競技ではタイの強い選手がいたり、投てきはインドの選手が強かったりする。また、いろんな競技で40代や50代の選手が当たり前のように活躍している。そういう競技ごとの勢力図が分かってくると、見るのがまた面白くなる。

オリンピックなどでは、出てくる選手の国籍も年代も体型もだいたい決まっているけれど、パラスポーツにはそういうことがない。それはたぶん、障害というものが1人1人違うものだからだろう。単線的・集約的な価値体系でなく、多様な方向への進化の可能性を追い求めるスポーツの形が、そこにある。

8.751km
5分27秒/km
47分42秒
579kcal
posted by Dandelion at 06:44| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

ミッドナイトラントレ日記325 「接戦」

ツール・ド・フランスは、第14ステージでスカイのクリス・フルームが、アスタナのファビオ・アルからマイヨ・ジョーヌを奪還し、総合争いが活況を呈してきた。圧倒的な優勝候補だったフルームは、首位とはいえ、アルとの差は18秒、3位のフランス人、アージェードゥゼールのバルデとも23秒差。近年まれに見る混戦、山岳ステージやタイムトライアルが控える今後の展開が注目される。

10.902km
5分35秒/km
1時間54秒
758kcal
posted by Dandelion at 07:35| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ミッドナイトラントレ日記324 「若者」

善光寺、午前2時すぎ。

本堂正面の階段の上から2段目、賽銭箱のほぼ真ん前に堂々と座りこんで、2人の若い男が何やら語り合っていた。え、ちょっと待って待って、参拝者の邪魔になるとか以前の問題として、振興の場の尊厳を無視するようなそういう無礼な振る舞いってさあ、青春や若さの特権とかいった名目のもとで許される行為のリストに含まれてたっけ。っていうか最近はそんなリストみたいなものもないのかな。

そのように内心で問い掛けつつ、そいつらのナイーブなおすまし顔をしっかり見定めながら階段の正面を一段一段ゆっくり上った私は、接触するかしないかの距離で彼らの脇を通り過ぎ、いつものように参拝したのであった。

私が培ってきた常識は、もはや世の中の主流においては通用していないのだろうか。年を取るということは、自分の理解を超えた他者との共存に耐えるということかもしれない。

8.685km
5分36秒/km
48分38秒
575kcal

posted by Dandelion at 06:10| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

ミッドナイトラントレ日記323 「神様」

このところ走るたびにお参りしているのは、祠のような建物があるだけの小さな神社だが、つい先日、市街地で何台もの屋台が巡行して新聞にも取り上げられた祇園祭がその神社の祭礼だと知り、密かに驚くとともに、昔から親しかった先生が出世して手の届かない存在になって自分が取り残されてしまったというような、さびしさに似た感情を覚えた。

普段は何もない境内だが、祭りの後は、夜中も赤い提灯で彩られ、あれは何と言うのか、屋根つきの舞台のような臨時の建造物もできて、そこには誰もいないんだけれども明かりがついた屋根の下にはさまざまな道具が置いてあり、何かしらの神事や直会が行われた形跡が見て取れる。

夜中に時々訪れるだけの部外者だけど、そんな私のことも見てくれているだろうか。まあ、見てくれてなくてもいいか。

8.294km
5分35秒/km
46分25秒
580kcal
posted by Dandelion at 07:00| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ミッドナイトラントレ日記322 「親心」

八王子の販売店で買ったフランス車、車検も八王子の販売店に依頼する。費用は締めて22万円余。希少な車種だからそれなりの覚悟はしていたが、これほどとは。3年間で走った距離は約7000キロ(ツール・ド・フランス2年分)で、一番長いドライブが八王子までの往復である。主に点検するために車を買ったと言っても過言ではない。お金ばかりかかる私立に行かせた挙句、働かない息子のようで、ちょっと手に負えない感じがしてきた。でも、そういう子どもだからこそ愛情が湧くということもあるわけで、これからは親らしく、ちゃんとこちらから働きかけて、車としての役割を全うさせてやろうと思う。

今日も雨中ラン。汗だか雨だかと一緒くたに一日のモヤモヤも流れていって、すがすがしかった。

8.246km
5分42秒/km
47分8秒
587kcal



posted by Dandelion at 05:41| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ミッドナイトラントレ日記321 「22度」

発汗甚ダシ。総ジテ感覚ガ漠トシテ集中力ヲ欠ク。コレハ熱帯夜ニ相違ナイト思イキヤ、気温ハ其レ程デモナク、拍子抜ケノ感アリ。暑サノ中、如何ニモチベエションヲ維持シ得ルカ。週二回デアッテモ途絶スルコトナク続ケルコトガ肝要ダ。

11.752km
5分55秒/km
1時間9分38秒
784kcal

posted by Dandelion at 06:31| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

ミッドナイトラントレ日記320 「災害」

こっちの雨が一段落したと思ったら、あっちの雨が大変なことになっている。
特定の地域を執拗に責め続ける自然の脅威。いつ自分たちの土地がターゲットにされるかと、小動物のようにビクビクしながら、私たちは生きていかなければならないのだ。

ナイキの軽いシューズにしたら気分転換になったのか、息も切れず楽に走ることができた。

11.718km
5分32秒/km
1時間4分55秒
788kcal
posted by Dandelion at 05:06| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

ミッドナイトラントレ日記319 「濡鼠」

やまぬ雨。すれ違うすべての車に、悪意を感じる。速度を落とすこともなく歩道に水を跳ね飛ばし、きっとおれをびしょ濡れにしたことにもきっと気づいていないのだろう、平然と走り抜けていく。ミッドナイトランナーにとって、車はただ迷惑。目を光らせて近づいてくる怪物だ。襲われてはひとたまりもないと、こちらはいつもびくびくしなくてはいけない。そもそも歩行者にとって走る車というのは、凶器以外の何物でもない。交通事故を減らすというのなら、まずそういう認識を運転者に植え付けることこそが必要なのではないか。自動運転云々などという金儲けの話をする前に。

10.684km
5分47秒/km
1時間1分56秒
722kcal

posted by Dandelion at 07:24| 長野 ☔| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする