2016年05月27日

ミッドナイトラントレ日記186 「恵みの風」

凪。細胞の一つ一つから汗がにじみ出るような。
雨。じっとりまとわりついて、毛穴までしみこむような。
やがて肉体の内側と外側の境界があいまいになり、精神が停滞する。
体を動かしているという自覚も薄れ、惰性で走ること30分。
風が吹き出した。
ひんやりした肌の感触、我に返る。
全身運動の苦痛に満ちた快感。
心がフワッと、体はシャキッと。
思い出した、おれは走っていたんだ。
風で取り戻した、人間の主体性。

9.941km
4分59秒/km
646kcal
posted by Dandelion at 06:12| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

ミッドナイトラントレ日記185 「走るという動き」

左脚にしっかり体重を乗せる、というのが今節のテーマ。一歩一歩、確かめながら走っているうちにふと、疑問が浮かんだ。

走る動きの一番最初の力はどこから来ているのだろう。

脚を動かしているのは尻であり、尻は体幹と連動し、体幹をひねる力は腕の振りから来ている。とすると、腕の振りか。でも腕を振らなくても走ることはできる。要するに全身の筋肉と骨が連動しているわけだが、その起点となる力を体のどこが生み出しているのかがわからないのだ。

これほど複雑な、走るという動作。これは人間の本能なのか。でもサル科で走る動物というのはあまり思いつかないから、やはり後天的に身につけたスキルであるような気がする。とすれば、いったいいつ、どのようにして自分は走るという動きを学び、覚えたのだろうか。

9.495km
5分25秒/km
627kcal
posted by Dandelion at 05:46| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ミッドナイトラントレ日記184 「思い込み」

オークランド・アスレチックスのホームゲームを見ると、鉦や太鼓の応援が聞こえる。「アメリカ人だから個人主義で鳴り物なんか使わない」というのはステレオタイプなイメージだったのだと気づかされる。アメリカにもみんなで声を合わせて応援したい人たちはいるのだ。逆に言えば、日本にも鳴り物に合わせず思い思いに応援したい人はいるに違いないわけで、イメージで物事をとらえるとそういう目立たない少数派の存在が見えなくなってしまう。それにしても日本の、プロ野球のみならず野球全般における、あの整然とした応援スタイルは、それが当たり前のようになっているけれど、考えてみれば不思議なものだ。あれはいったい何なのか。いつ誰が始めて、なぜいつまでも続けられているのだろう。

それはそうと、メジャーは10連戦、20連戦が当たり前で、選手は全米を移動しながらその過酷な日程を平然とこなしている。それに比べれば、自分もキツい勤務だけど休みをもらえるだけまだまし、と思い込んで日々をやり過ごそう。

12.037km
4分58秒/km
780kcal
posted by Dandelion at 07:33| 長野 | Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

ミッドナイトラントレ日記183 「走り続ける原動力」

しんどくてたまらないけど、歩かない。そんな自分を支えるものの8割くらいは、羞恥心なんじゃないかと思う。情けない姿を見られたくない、という。あとの2割は、これを耐えれば何かを得られるに違いないという期待とか、弱い心に負けたくないという信念とか、自分のすべきことをまっとうしたいという義務感とか。あるいは自分をいじめたい、または痛めつけられたいという欲望もあるかもしれない。比率は状況によって変わるかもしれないが。

きょうは休み明け。期待も信念も義務感も欲望もなかった。どうせ誰も見てないし、ま、いいか。でも神様には見られている。それは少し恥ずかしかった。

10.427km
5分29秒/km
721kcal

posted by Dandelion at 13:37| 長野 | Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

ミッドナイトラントレ日記182 「楽に走るために」

今節のテーマは、前傾姿勢。
前に倒れる力を利用して、踏み出す足は真下に置くように。
そうすれば脚に負担をかけず、楽に走れるというのだが。

上体を維持するのがつらい。
体の動きが楽になっていたとしても、姿勢維持のキツさと相殺されて、総体として結局走りは楽になっていないような気がする。慣れれば変わるのだろうか。
腹から体を動かすイメージを忘れぬようにしよう。鍵になるのは体幹だ。

11.534km
5分19秒/km
753kcal


posted by Dandelion at 07:40| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

ミッドナイトラントレ日記181 「総括」

昨日は長野マラソンの打ち上げ。
同じ職場でも勤務時間の違う4人、万障繰り合わせてやっと集まることができた。
「つらかったね」
「でも楽しかった」
走る人だからこそわかる思いを語り合い、共有する。
これも人と人を結ぶ絆のひとつ。
なんてことのない飲み会、でもかけがえのない時間である。

12.014km
5分12秒/km
786kcal
posted by Dandelion at 07:19| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ミッドナイトラントレ日記180 「朝に向かって走れ」

4時ともなれば遠くの空は茜色、更新された一日が始まっている。
新鮮な気分とは裏腹に、脚は重く、明るくなると余計にスピード感が落ちてつらい。
疲れが残っているのだろう。
条件がどうであれ、それなりに走り続けられる自分を確立せねば。

9.399km
5分9秒/km
619kcal

posted by Dandelion at 06:22| 長野 ☔| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

ミッドナイトラントレ日記179 「思い出を着る」

母の日の8日、MLBはどのチームもピンク基調のコスチューム。ユニフォームの胸のチーム名や背番号、帽子のロゴ、アンダーシャツ、ソックス、さらにバットやシューズ、捕手のプロテクターまでピンクの特別仕様という徹底ぶり。やるならとことん、コストを惜しまず、選手も観客も一体で楽しもうというメジャーの精神が貫かれていて、テレビで見ているだけでもワクワクして気持ちよかった。

こちらも服で気分を盛り上げる作戦。今まで出た大会の参加賞のTシャツを日替わりで着て走っている。軽井沢、安曇野、東北町、入善、出雲、長野・・・思い出すのは、この足で踏みしめた土地の風景や空気感。この1年半、ずいぶん多くの大会に出たけれど、経験はちゃんと積み重なっているだろうか。

10.907km
5分14秒/km
715kcal
posted by Dandelion at 06:19| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

ミッドナイトラントレ日記178 「雨の日と月曜日は」

これほど憂鬱な日もあるまい。
連休取れた人は、幸せな人だ。

私は連休明けではなかったけれど、体が重い。

11.543km
5分29秒/km
757kcal

posted by Dandelion at 07:01| 長野 | Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

ミッドナイトラントレ日記177 「季節の使者」

午前3時にピーチクパーチク。
ツバメ、もう来ているらしい。

10.392km
5分12秒/km
678kcal
posted by Dandelion at 07:16| 長野 ☁| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ミッドナイトラントレ日記176 「出走予定」

5月29日、青森県で開かれる「走れメロスマラソン」にエントリーした。コースはもちろん、太宰のふるさと金木町である。

休みが取れればいいのだが。

8.135km
5分18秒/km
539kcal

posted by Dandelion at 08:56| 長野 | Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

ミッドナイトラントレ日記175 「右半分の人生」

左の足の甲がまた痛み出した。左右の脚の運びの違いが原因であるのは分かっている。腕の振りから胴のひねり、脚の振り出しから着地と、右半身と左半身の動きを同じにしようと努めるのだが・・・意識すればするほど、体の左半分のままならなさを思い知らされるばかりで、ちっとも改善されない。

自分がいかに右半身に頼って生きてきたか。左もうまく使えていれば、もっとバランスの良い、豊かな生き方ができたのかもしれないな。体の動きは、脳の発達とか精神構造とかとたぶん関連しているわけで、これは比喩的な意味でなく、そう思うのである。

13.020km
5分22秒/km
846kcal
posted by Dandelion at 06:09| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

ミッドナイトラントレ日記174 「ながら走り」

今日見た映画のことを考えていた。面白いような、つまらないような、でも総体的には見て良かったといえる、そんな作品。どこがどう面白くて、どこに不満が残ったのか、表現するのはなかなか難しい。別に人に話すわけでもないから、言葉にする必要もないんだけど。

誰かの見方をなぞって納得したり批判したりするのではなく、自分ならではの視点とか、自分にしか言えないことがないだろうか。考えがまとまらないうちに、雨が降り出した。

8.376km
5分24秒/km
548kcal
posted by Dandelion at 04:26| 長野 | Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

ミッドナイトラントレ日記173 「靴下問題の解答」

クッション性とかサポート機能とか滑り止めとかいろいろ付加価値のついたものよりも、薄くてよく伸びるというだけの単純なものが自分には合っていると、今日走っている時にはっきり分かった。

やはり足の指を自由に動かせる方が良い。

8.440km
5分3秒/km
547kcal
posted by Dandelion at 06:09| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

ミッドナイトラントレ日記172 「迷えるおじさん」

イチローがメジャーリーグに行った時、マエケンは小学生だったという。僕が小学生だった時、憧れの選手は阪神の真弓だった。そういうふうに考えると、マエケンから見たイチローがどんな存在か、なんとなく想像できる。

翻って自分の職場。
今春入った新卒の子に仕事を教える機会があった。兄貴みたいな気楽な感じで接したつもりだけれども、考えてみれば、僕が入社した時、彼女は小学生。20も年齢の離れた人が一緒に仕事をしているのである。自分が新入社員の時、20歳上の人といえば、兄貴というよりは話の通じないおじさんという存在だった。なんだか伏し目がちでおとなしい子だけど、彼女に僕はどのように見えているのだろう。

時代は変わる。自分は変わらないと思っても、立ち位置はたぶん20年前とは違っている。「気楽な感じ」が変な圧迫感になっていなければと思う。といって、「おじさん」としての接し方というのも分からないので、結局はどうしようもないのだが。

まあいいか、兄貴でも、おじさんでも。自分が自分であるために、とにかく今日も走る。

13.599km
5分19秒/km
888kcal

posted by Dandelion at 08:26| 長野 ☀| Comment(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする